×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

( ´_ゝ`)兄者は押入れから出てこないようです



300 :なんとなく出会い編:2008/01/17(木) 15:29:03.80 ID:UoQY08ro0
( ^ω^)「ところで、つーってどうして兄者のことが好きなんだお?」

(*゚∀゚)「あ?」

( ^ω^)「だって、どう考えたっておかしいお?
      ブーンが言うのもなんだけど…兄者はどっちかというともてないっていうか…」

(*゚∀゚)「どっちかもなにも、完全にもてないだろ」

(;^ω^)「じゃあなんで…」

(*゚∀゚)「そうだなー」

301 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/01/17(木) 15:32:38.47 ID:UoQY08ro0
オレが高校にあがりたてのころ、その時既にあいつは有名だった。
2m近くもある身長は、他のやつらよりも頭一個分飛び出てて、どこから見ても一目瞭然。

ζ(゚ー゚*ζ「あ、兄者よ。 からんできたニュー速高の人を一人で30人も倒したっていう」

( ><)「野蛮なんです!怖いんです!」

ζ(゚ー゚*ζ「弟の方は頭もよくてかっこいいのに、同じ双子なのにねー」

( ><)「世界不思議発見なんです!」

(メ´_ゝ`)「………」

道を歩けば後ろ指さされる。兄者はいつも一人だった。
係わってくれる人も、友達も少なく、ずっと一人だった。


304 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/01/17(木) 15:36:01.87 ID:UoQY08ro0
兄者は日々のイライラをどこにもぶつけられず、喧嘩ばかりしていたんだ。
そしたら、この街ではってるギャングに目をつけられて、近所のつぶれたゲーセンの中に呼び出されていたのを偶然見かけた。

(*゚∀゚)「オイオイ、大丈夫かよ…」

半分野次馬も入っていたと思う。
それでもオレは寂しそうな目をしていた兄者をほっとけなかった。

ミ,,゚Д゚彡「クックック…。よく逃げないできたなあゴルァ!!!」

(メ´_ゝ`)「………」

ミ#゚Д゚彡「この街はおまえの好きなようにはさせんぞ!みなのもの、かかれー!!」

(*゚∀゚)(どこの時代劇だっつーの)

100人はいたかもしれない。そんな人数の不良達にオレは冷や汗を流した。
そこで帰っておけばよかったんだろうけど、目が離せなかった。

(;*゚∀゚)「警察呼んだほうがいいかな……」

ミ,,゚Д゚彡「よお、小さなお譲ちゃん。 こんなところで何やってるのかな?」

(;*゚∀゚)「っ…!?」

306 : ◆xpWeb2unS6 :2008/01/17(木) 15:40:11.32 ID:UoQY08ro0
ミ,,゚Д゚彡「こんな可愛い子が来る場所じゃないよ?
      それとも何かな? ……ヤッちゃうか」

(;*゚∀゚)「なにっ!?」

オレは逃げようとした。
けど、ヤツの腕がオレをつかむ。
か弱いオレはその腕を振り解けなかった。

あいつはオレを地面に組み敷いて、下卑た笑いを浮かべる。
あの時は本当に殺されるんじゃないかと思った。

(#´_ゝ`)「そいつは関係ないだろーが!! その手を離せ!」

けど、そんなヤツのわき腹を思いっきり蹴って兄者はオレの手を取った。
外に放り出して扉を閉める。
その中で、しばらくは嫌な音しかならなかったな。

309 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/01/17(木) 15:44:12.44 ID:UoQY08ro0
やっとのことで全員を倒し終わった兄者だけど、疲労は激しかった。
満身創痍で壁によりかかって座っていた。
その時、もう既に帰ったかと思っていたつーが目の前に居た。

(*゚∀゚)「大丈夫か?」

(メ´_ゝ`)「なんだよ、俺にかかわんじゃねえ」

(*゚∀゚)「まあそう言うなって、助けてもらったのにほっとけるか」

(メ´_ゝ`)「………」

(*゚∀゚)「こう見えて怪我の治療は慣れてるんだ。 殴られなれてるからな」

(メ´_ゝ`)「…バカじゃねーの」

310 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/01/17(木) 15:45:03.67 ID:UoQY08ro0
(*゚∀゚)「そうやって兄者は段々オレに心を開くようになり、次第に恋心を抱き始め、
     今となってはめでたく恋人同士になりました! と、おしまいおしまい!」

(;^ω^)「え? なに?どういうことだお? 兄者が2m?
      それに兄者はそんなに強くないし、つーはそんなに弱くないお」

ξ゚听)ξ「ブーン…本気にしなくていいからね。
       人物設定逆な上に、妄想がかなり入っちゃってるから」

(;*゚∀゚)「いいじゃねーか!! 想像上くらい小さくたっていいじゃねーか!」

ξ゚听)ξ「現実を見たときに悲しくなるだけよ…」

(;*゚∀゚)「想像上くらいラブラブだっていいじゃねーか!」

ξ;゚听)ξ「………だ、大丈夫。 あんたたちは既にらぶらぶだから」

(*゚∀゚)「ほ、ほんとか!?」

ξ゚听)ξ「そうそう、照れてるだけで、兄者はつーが居ないと生きていけないほど大好きよ」

(;^ω^)「つんっ!そういう嘘は…」

ξ゚听)ξ(いいのよ! つーがかわいそうじゃないの!?)

(;^ω^)(う、うーん……)




→番外2へ

戻る