×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

( ´_ゝ`)兄者は押入れから出てこないようです



159 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/01/16(水) 22:59:50.34 ID:SqoFhsH+0
(;*゚∀゚)「違うんだよ、違うんだよ!オレガンバルって言ったじゃねーか!」

(;´_ゝ`)「はあ……」

(*゚∀゚)「っていうか、オレ女!そこまでおk!」

(;´_ゝ`)「OKOK」





頑張っても>>74にならないので
>>162、どうやって>>74にもってくか。
安価成功しなかったら下

161 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/01/16(水) 23:00:34.34 ID:SRk6/NsG0
ショタに目覚める
162 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/01/16(水) 23:00:47.93 ID:SRk6/NsG0
ショタに目覚める

163 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/01/16(水) 23:01:21.50 ID:ceFc0Ed/0
>>162
なんという解決策www
164 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/01/16(水) 23:02:13.94 ID:7MSCJVG+O
おまwwwwwwwww
165 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/01/16(水) 23:02:21.42 ID:x7bSd5wNO
これはwwww
166 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/01/16(水) 23:03:46.74 ID:bmpcwNE50
なんというwwwwww
167 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/01/16(水) 23:06:36.31 ID:n5EI0LsC0
2m以上のショタなんて認めeeeeee!!
でもつーなら可愛いからいいか
168 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/01/16(水) 23:06:58.85 ID:n5EI0LsC0
あ、2m弱か スマン
169 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/01/16(水) 23:07:59.09 ID:39qjevwsO
なんという…


171 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/01/16(水) 23:12:12.60 ID:SqoFhsH+0
(*゚∀゚)「オレおまえが好き!おk!」

(;´_ゝ`)「いや、ちょっとそれは……」

(#゚∀゚)「なんでだよ!そんなに貧乳が嫌か!」

(;´_ゝ`)「貧乳とかの前に、筋肉しかないじゃん……」

(*゚∀゚)「………オレを」

( ´_ゝ`)「ん?」

(*゚∀゚)「オレを見ろ」

(;´_ゝ`)「見るも何も、手を離してくれないと別なとこをみれんのだが」

(*゚∀゚)「よし」

172 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/01/16(水) 23:12:58.76 ID:SqoFhsH+0
(*゚∀゚)「くらえ!」










  __人__人__人__人__人__人__人__人__
 ) これぞ必殺「悪のマンダラ」! (
  ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
           /\
      /\  ((゚∀゚))   /\
     ((゚∀゚)) / ハ ヽ ((゚∀゚))   __人__人__人__人__人__
     / ハ ヽ |____|  / ハ ヽ   _) 見つめていると (
    /\___|  / \  |___/\   )  だんだん意識が (
   ((゚∀゚)) | ̄       ̄| ((゚∀゚)) )  なくなるのだァ!(
   / ハ ヽ<         >/ ハ ヽ  ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
    |__/\ |_     _| /\__|
    ((゚∀゚))  /\  ((゚∀゚))
     / ハ ヽ  ((゚∀゚))  / ,ハ ヽ
    .|______|  ,/ ハ ヽ   |______|
             |____|


176 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/01/16(水) 23:26:35.76 ID:SqoFhsH+0
兄者は目の前で回転する物体にぐるぐると目を回した。
見ていなければ良いだけなのに、目が離せない。

(;*゚∀゚)「………あれ?」

更に持ち上げられていた服で首が絞まり、とうとう兄者は気を失った。

(;*゚∀゚)「おーい、兄者!起きろー!」

しかし兄者は動かない。
つーが、胸倉を持ったまま揺するも目が覚めない。

(;*゚∀゚)「兄者!おい、兄者!」

(;´_ゝ`)「ううーん……」

(*゚∀゚)「ああよかった。死んだかと思ったぜ」

( ´_ゝ`)「つー……」

181 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/01/16(水) 23:34:33.89 ID:SqoFhsH+0
( ´_ゝ`)「悪いけど、俺おとこにょこが好きなんだ」

(*゚∀゚)「へ?」

( ´_ゝ`)「うん、だから諦めてくれ。ていうか、早くツンに電話でもして鍵を開けてくれ」

(;*゚∀゚)「い、いや、なんだよ急に!」

( ´_ゝ`)「なんだよじゃなくてなあ。俺だって小学校覗いたりするので忙しいの。
      つーと遊んでる暇なんてないから」

(;*゚∀゚)「………」

つーは促されてツンに電話を掛けた。
3コールで出たツンの声色は楽しそうだ。

『どうだった?』

(*;∀;)「ツンに教えてもらったおまじない、全然きかなかったぜ!?」

『ええ?ちゃんと見てもらった?』

(*;∀;)「なんかショタになっちゃったよ?」

『それ間違ってない……』

183 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/01/16(水) 23:36:07.89 ID:n5EI0LsC0
あれっ
184 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/01/16(水) 23:36:15.25 ID:68kd2HW2O
えっ!?
185 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/01/16(水) 23:36:53.26 ID:bmpcwNE50
あ、…れ?
186 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/01/16(水) 23:37:53.54 ID:39qjevwsO
つまり…つーをショタコンにして兄者をショタにしなければならなかったのか…

189 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。(>>186そういうことかw):2008/01/16(水) 23:45:31.91 ID:SqoFhsH+0
暫くの小声での電話のあと、つーは振り返った。
鋭い目で兄者を睨む。
目力だけでビームが出せそうなほどだったが、兄者は慣れているのか相変わらずだった。

( ´_ゝ`)「お、どうだった?いつくるって?」

(* ∀ )「ツンは………こない」

(;´_ゝ`)「じゃあどうするんだ?他の人に頼むのか?」

(* ∀ )「頼まない」

(;´_ゝ`)「しっかりしてくれよー俺番号知ってる人少ないんだから」

(*゚∀゚)「オレのせいだ……ごめん、オレが変なおまじない何かに頼ろうとしたせいで…」

(;´_ゝ`)「つー?どうした?」

(#゚∀゚)「オレがちゃんと元の兄者に戻してやるからな、安心しろよ」

(;´_ゝ`)「え?」


192 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/01/16(水) 23:59:03.77 ID:SqoFhsH+0
つーは兄者を抱えてマットの上に放り投げ、
何をするんだと叫びかけた兄者の口を自分の口で塞ぐ。
全力で抵抗する兄者を自慢の筋肉で押さえつけた。

(*゚∀゚)(兄者やわらけー)

(;´_ゝ`)(こいつ女なのにかてえ。鉄……いや母者だろこれ)

逃げようとしても逃げ場も隙もない。
本当にこいつは女なのかと兄者は問いたかったが、実際つーは女だった。


194 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/01/17(木) 00:05:51.05 ID:qWnRjQGT0
ξ;゚听)ξ「別に忘れてたわけじゃないわよ!つーがまだ良いっていうから!」

外も暗くなり、寒さは更に増す。
既に閉まった校舎に忍び込み、二人は倉庫の扉を開けた。

(;^ω^)「返事がない…」

ξ;゚听)ξ「まさか凍死したとかないわよね…」

(;^ω^)「多分……」

「おお、やっときたのか、おせーよ!危なく寝るとこだった」

奥でもぞ、と動いた物体が声を発した。
暗くて中はよくみえないが、どうやらつーらしい。

ξ゚听)ξ「つー!」

(;^ω^)「兄者は?」

(;*゚∀゚)「いや…それがな……」

198 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/01/17(木) 00:16:36.46 ID:qWnRjQGT0
つーは口を濁す。
庫内から出てきたのがつーだけで、ブーンは慌てて中に入った。

(;^ω^)「あ、兄者?おーい!兄者ー!?」

暗くて足元が見えず、ブーンは何かに躓き盛大によろめく。
よろめいた先で跳び箱に衝突した。8段の壁が若干ずれる。

ほんの一瞬、中から小さく悲鳴がしたことに、ブーンは気付いた。

(;^ω^)「あ、兄者!?ここにいるのかお!?」

【    】「………」

(;^ω^)「やっぱり!早くでてくるお!凍えちゃうお!」

【    】「……うううるさい!ほっといれうれ!」

(;*゚∀゚)「何か跳び箱の中から出てこなくてさあ…」

(;^ω^)「口回らないほど寒いんだったら早く出てくればいいお…」

【    】「うるさい!早く帰れ!」

ξ゚听)ξ「そんなこと言うと本当に帰るわよ。
      言っとくけど明後日の月曜まで誰もこないからね」

【    】「………」

(;^ω^)「……泣くなお」

206 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/01/17(木) 00:23:16.00 ID:qWnRjQGT0
ξ゚听)ξ「でも安心して。こういうときの助っ人を呼んでるわ!」

( ^ω^)「さすがツン!」

(´<_` )「すまんな。バカ者が世話になった」

ξ゚听)ξ「いえいえ」

(;^ω^)「ツン!元はと言えば……!」

ξ゚听)ξ「私悪くないもん」

(;^ω^)「すいません僕が全部悪いんです。ごめんなさい」

(´<_` )「気にしないでいいよ。
      兄者、棺おけ持ってきたから中に入れ」

【    】「弟者……」

(´<_` )「そしてそのまま海に行こう」

(;*゚∀゚)「流す気かよ」


214 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/01/17(木) 00:39:13.22 ID:qWnRjQGT0
 
 
(*゚∀゚)「お、兄者ー!」

制服を身に纏ったつーが、兄者に駆け寄った。
スカートの下からは、細いが無駄のない引き締まった筋肉が2本伸びていた。

(;´_ゝ`)「!」

声を聞いて、猛ダッシュで兄者はつーから逃げようと走る。
走って、走った。兄者にとっては全力疾走。計っていたら最高記録が出せたかもしれない。
けれど、校内2位を誇るその足からは、下から数えた方が早い兄者は逃げられない。

(*゚∀゚)「おはよー!」

(;´_ゝ`)「お、おはよう」

(*゚∀゚)(やわらけー)

(;´_ゝ`)(相変わらずかてえ)

長い腕に抱きしめられて、兄者はまた足が浮く。
胸が当たっていたが、硬い胸板に嬉しがることもできなかった。

217 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/01/17(木) 00:44:52.21 ID:qWnRjQGT0
(*゚∀゚)「いやー今日も良い天気だな」

(;´_ゝ`)「曇ってるけどな」

(*゚∀゚)「ほら、あのへんが良い天気」



ξ*゚听)ξ「ブーンお早う!」

(*^ω^)「おはようだお!お、もしかして髪切ったお?」

ξ*゚听)ξ「そうなの、ちょっとだけだけどよくわかったわね」

(*^ω^)「ツンのことだから当たり前だお!」

ξ*゚听)ξ「ブーンってば!」

(*^ω^)「ツン……」



(;´_ゝ`)「………どうでもいいから降ろせ」

(*゚∀゚)「ちぇっ」

219 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/01/17(木) 00:51:30.68 ID:qWnRjQGT0
(*゚∀゚)「ところでさー」

( ´_ゝ`)「耳に息ふきかけんな気持ち悪い」

(*゚∀゚)「………」

(#゚∀゚)「………ところでさーいつも思ってんだけど」

(;´_ゝ`)「痛い!いたいいたい!!!」

(*゚∀゚)「おまえ、何かしらかぶってないと落ち着かないわけ?」

( ´_ゝ`)「………」

(*゚∀゚)「………」

( ´_ゝ`)「………うん」

220 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/01/17(木) 00:51:42.41 ID:qWnRjQGT0
おわり



→番外編1へ


戻る