×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

( ´_ゝ`)魔王が世界を征服するようです




214 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/05(火) 13:27:01.77 ID:If8yR7nc0
 


( ´_ゝ`)「くはははは!よくぞここまで来たな勇者よ!
       しかしその努力もただの無駄に終わるだろう!」

勇者「魔王!!」

魔法使い「私たちは……仲間のために!そして世界のために!
       全力を持ってあなたを倒す!!!!」

( ´_ゝ`)「はははは!!何が世界のためだ、人間とはかくも醜く利己的なものよ」

勇者「魔物なんかにこの思いがわかるわけがないな!」

魔法使い「世界中の人々の、願いを私たちは背負ってるのよ、あんたになんか負けないわ!」

( ´_ゝ`)「くくく。実に下らんことだ。そんな願い、私にとってはクズのようなものだ。
      まぁよい、受けてたとう。その思いごと塵にしてやろう!」

215 :\________________________/:2009/05/05(火) 13:29:21.17 ID:If8yR7nc0
        o
       。
         ウーンウーン……
  <⌒/ヽ-、___
/<;/____/




魔王のベッドの周りには、心配そうに佇む5人の姿があった。
昨夜から、魔王に高熱がでたのだ。
それがずっと続いて、未だに引くことをしらない。

(;*゚∀゚)「なーこれ本当に大丈夫なのかよ?」

つーが何度も額のタオルを取り替えるのだが、
すぐにぬるくなってしまっていた。




216 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/05(火) 13:31:39.81 ID:If8yR7nc0
(´<_` )「そういわれてもなぁ……基本的に魔物って風邪引かないし」

(*゚ー゚)「そうそう、寝て治らない病気=死。だものね」

とは言えども、病状悪化は著しい。
薄々、昨日の矢に何かが塗ってあったのだろうと、予想は出来ていた。
だから一般的な毒消しを煎じて飲ませてみたが、治る気配はない。


( ФωФ)「しかし、それがわかっていたとしても、
        我々にはそんなに多くの薬がないのである」

(´<_` )「それが問題なんだよな」

ふむ。と弟者は顎に手をあてた。




218 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/05(火) 13:34:02.53 ID:If8yR7nc0
(*゚∀゚)「大体、100年ぶりに外に出たやつに無茶させるっていうのがだなー」

(´<_` )「そんなに魔王が弱いとは思ってなかった」

(;ФωФ)「いやいや、100年前は強かったのである」

(*゚∀゚)「人間の薬をかっぱらってくるとかどうだ?」

(´<_` )「ふむ、それもありだが……効くかなぁ」

うーむ。と頭を捻っているときに、
しぃが「あっ」と大きな声をだした。


(*゚ー゚)「夢魔の世界に伝わる、とっておきの果実があるわ!」




220 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/05(火) 13:38:12.11 ID:If8yR7nc0
(´<_` )「とっておきの果実?」

(*゚ー゚)「そうそう、それを入れれば、すぐに何でも治っちゃうの」

(*゚∀゚)「おお!良いじゃねーか!」

(*゚ー゚)「でもね、ちょっと問題があって」

しぃははずかしそうに顔を赤らめると、
後ろを向いて小さな声で言った。

(*>ー<)「瓜みたいな形してるんだけど……おしりに入れるの」

きゃっ。と照れてみたが、冷えた空気は戻らなかった。
サキュバスに伝わる薬なのだから、まともなのではないと予想はできていたが。
ロマネスクは頭をかかえる。




222 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/05(火) 13:39:57.81 ID:If8yR7nc0
(*゚∀゚)「なーそれ、お前もやったことあんのか?」

(*゚ー゚)「夢魔は風邪を引くと、大抵この実にお世話になってるわよ」

(*゚ー゚)「ぢにも効くの」

(*゚∀゚)「最後のトリビアは別にいらなかったかなー」


(;ФωФ)「それでは、あれであるな」

( ФωФ)「このまま放置するか、人間の薬を取りに行くか」

(´<_` )「はたまたその他か……」

(´<_` )「個人的には、AA大陸にはびこる人間を、さっさと駆除に行きたいんだけどな」

( ФωФ)「人はいないと思うが……>>225の案で行くことにしよう」




225 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/05(火) 13:41:17.93 ID:f0LjRb0RO
加速下

226 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/05(火) 13:41:51.54 ID:p0kLFdK40
母者召喚




227 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/05(火) 13:47:53.11 ID:If8yR7nc0
( ФωФ)「ということで、母上を……」

(´<_` )「無理」


( ФωФ)「何を言う、風邪を引いたときは母上がいることにより安心でき…」

(´<_` )「無理」

(´<_` )「母者もういないし」


(;ФωФ)「おおう?」

(´<_` )「300年前に死んでるもん」

(´<_` )「召還するには、ここにいる全員の命をかけてやっと成功するかどうかだけど」

(´<_` )「やっても良いけど、話終わると思う」

(´<_` )「無茶ぶりしないでくれ>>330




232 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/05(火) 13:56:31.61 ID:If8yR7nc0
あ、230の間違い。気付かなかった
230 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/05(火) 13:52:12.81 ID:k/4lEpfE0
じゃあ叔父の渋澤さん呼び出す





234 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/05(火) 14:07:16.70 ID:If8yR7nc0
(´<_`; )「でもなんだこの安価!話にそったこと言えよ!
      もう安価しねーぞおい!」

(;ФωФ)「まぁまぁ、とにかく叔父さんを」

(´<_`; )「家族はとっくの昔に人間に殺されてるんだよ!」

(´<_`; )「いくら安価でもストーリー的に出来ることと出来ないことってのがあるんだ!
      母者召還できたら、とっくの昔に世界なんか征服できてるわ!」

(*゚∀゚)「まーオチツケよ、お前冷静が売りなんだろ?」

(´<_`; )「そんなもの売りにしたことなんて一度もなかったけど……まぁ良いや」

(*゚∀゚)「とにかく、ここは基本に戻って、スレタイ通りの行動に直そうぜ」

つーがベッドの上に腰掛けながら言った。
その尻に潰されて、兄者がうめき声を上げる。




236 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/05(火) 14:12:53.99 ID:If8yR7nc0
(´<_` )「ああ、うん……世界征服ね。
      このままだと兄者死ぬけど、もうどうでもいいや」

(´<_` )「とりあえず、この城の周辺に居た、目障りなハンター達を倒そうと思う。
      いつ攻め入られるかわからない状態ではいたくないからな」

(´<_` )「異議あるやつは?」

(*゚∀゚)「異議なしでーす」

(*゚ー゚)「問題ないわ」

(;ФωФ)「魔王はどうするのであるか?」

(´<_` )「知るかそんなもん」

弟者が漆黒のマントを翻して部屋を出ると、
その後をぴょんと跳ねながらつーがついていった。

ロマネスクは弟者と魔王とを交互に見比べたが

川д川「わたし見てるから、行って来ていいよ」

と、精霊が言うので、それに甘んじることにした。




239 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/05(火) 14:19:10.08 ID:If8yR7nc0
城を出ると、つーが先頭を走っていった。
この間の集落に行く道案内をするのだ。

(*゚∀゚)「えーと、こっちだったかな」

グルル、と唸りながら首を傾げる。
木の根がぼこぼことでっぱっていて、
足場の悪い状態が続いたが、それもすぐに少なくなっていった。

(´<_` )「ここか」

先日と代わり映えなく、テントがぽつぽつとたっている。
耳を澄ませば、人間の会話が聞けた。

「今、VIP城では勇者の選考会を開いているそうだよ」

「なんと、勇者の?」

「魔王が復活したから、勇者をつのっているみたい」

「へえ、私も参加してみようかな」

「勇者になれば、国からお金もらえるから、資金には苦労しなそうだもんね」




242 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/05(火) 14:29:22.08 ID:If8yR7nc0
ハンターはまだ、誰一人として魔物の到来に気付いていなかった。
気配を消していた、と言えばそれまでだったが、
彼等は自分を「強い」と過信していたせいでもあった。

( ФωФ)「弟者殿、これは皆殺しでよろしいかな?」

(´<_` )「うーん、そうだな、一応一人残しておいて、話を聞こうか」

(*゚∀゚)「ラジャーりょうかーい。つー号はっしーん!」

と、つーが草むらから飛び出した。
その気配に驚いて、人が一人テントから飛び出てくる。

武器を装備する前に、つーは人間に飛び掛った。
太く、鋭い牙が喉に突き刺さり、血が噴出す。


あまりにも勢い良く噛み付いたせいで抜けにくかった。
ぶんぶんと頭を揺らしてようやく首が抜ける。
その勢いで地面に転がった頃には、既に息の根はなかった。




243 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/05(火) 14:35:16.15 ID:If8yR7nc0
血の臭いが、辺りに満ちる。
一人、一人、と姿を現す。
誰かが、今この世を去った男の名を叫んだ。



ノハ#゚听)「くそっ……モンスターのくせに!」

女が剣を振りかざして、少し離れていたしぃに襲い掛かった。
走る度に、女の着ている鎧が音を立てる。

(*゚ー゚)「なぁに、人間のくせに?」

振り上げた剣は、しぃの「くすくす」という笑いと共に流された。




244 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/05(火) 14:41:44.68 ID:If8yR7nc0
ノハ#゚听)「うるああああああああ!!」

気合を入れた一撃は、軽く横に避けられる。
その後も、何度も剣を振るうのだが、一度も当たることがなかった。

ノハ;゚听)「くそっ……なんでだ!こんな弱そうなのに!」

(*゚ー゚)「なんだ、私のこと、弱そうっていう理由で選んだんだ」

それじゃあ、君の見当違いってものだよ。
うふふ、と艶めかしく笑って、互いの顔がくっつくほど近くに寄った。




246 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/05(火) 14:47:40.53 ID:If8yR7nc0
こんなに近くにいるのだから、剣だって当たる。
だというのに、ヒートの腕は、いくら力を入れても上がらない。

(*゚ー゚)「君、サキュバスと戦ったことないんだね」

ヒートの唇に、しぃの吐息が掛かる。
そのたびに、体の奥が痺れて言うことをきかない。

くちゅ、と音を立てて、しぃはキスをした。
舌と舌を絡ませて、それでもヒートは抵抗の一つもしない。
ただ大人しく、されるがままになっている。

しぃは、自らの角を折った。




247 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/05(火) 14:53:23.28 ID:If8yR7nc0
そしてその角を持ったまま、
手をするするとヒートの服の中にしのばせる。

ノハ;゚听)「や、な、何をするんだっ……!」

(*゚ー゚)「うふ、何でしょう?」

しぃは角を秘部に押し当て、押し込む。
ひゃあ、とヒートが叫んだ。

ノハ;凵G)「あっ、このっ!ひゃっ…モンスターなんてっ!
      おっ大人しく、ハ、ンターにっ、狩られていればっ良いん……!」



248 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/05(火) 14:56:52.99 ID:reJzfEjn0
わっふるわっふる
249 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/05(火) 14:59:08.01 ID:OL759jbU0
わっふるわっふるわっふるわっふる!
250 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/05(火) 15:01:56.44 ID:z0/6v8InO
わっふるわっふる
俺サキュバスになら襲われてもいいw
251 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/05(火) 15:02:07.59 ID:A+H2XRX/0
わっふるわっふる
252 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/05(火) 15:02:21.89 ID:Oi2ViaTG0
準備(脱衣)終了しました



わっふるわっふる


253 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/05(火) 15:03:31.89 ID:If8yR7nc0
 



やれやれ、と弟者は頭を振った。
自分が倒したのは4人ほど。
もっと居たのだが、その殆どはやる気まんまんのつーとロマネスクに持っていかれた。

大体2・30人ほどで生活してたのだろう。

(´<_` )(魔王の城の近くで、命知らずなことだ)

地面が血で真っ黒に染まる頃には、
近くにいた低級な魔物たちが、死体を喰らおうと集まってきていた。

(*゚∀゚)「弟者ー、2・3人逃げられちゃったー」

(;ФωФ)「すまないのである、これほど人数がいると、中々」

(´<_` )「ああ、数人くらい良いよ」


ノハ;゚听)「あ、あ、あんたら、つよいんだな」

4人が話しあっていると、人間が話しかけてきた。
まだ居たのか、と3人が構える。

と、その背後からひょっこり、しぃが顔を出した。




255 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/05(火) 15:07:36.37 ID:If8yR7nc0
(*゚ー゚)「人間、げっとだぜ!」

ノハ;凵G)「あっ……あうっ……」

(´<_`; )「はい?」

小刻みに震える人間だった。
はじめは恐怖で震えているのだと思ったが、どうやら様子が変だ。

(*゚ー゚)「人間捕まえたんだけど、私の僕にして良い?」

(*゚ー゚)「どうせ部屋あいてるでしょ?」

しぃは、人間の体を撫で付ける。
その度に、人間はびく、びくと振るえた。


(´<_` )「まぁ、別に良いけど」

(*^ー^)「やったぁ!下女ほしかったのよねー」




257 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/05(火) 15:15:30.67 ID:If8yR7nc0
ぱちん、と手をうつしぃに、
つーが人差し指を咥えながら近づいた。

(;゚∀゚)「いいなぁ、オレサマも部下ほしいなー」

(*゚ー゚)「うふふ、夢魔の特権よ。
     人間とか魔物とかと契約できるの。
     自分よりレベルの低い相手しかできないけどね」

(*゚∀゚)「へえ!すげー!どうやってやんだ?」

(*゚ー゚)「えっとねぇ……、じゃ、ヒート、見せてあげて」

しぃがそう命令すると、ヒートはおそるおそる、装備を外し始めた。
腰に巻いていた布まで取ると、そこが露になる。

(*゚ー゚)「もっと足開かないと」

ノハ;゚听)「は、はい……」

ゆっくり足を開くと、そこには何か黒い物体が差し込まれていた。
どこかで見たような色だ。とつーは思った。
そしてしぃの顔を見ると、角が片方失われている。

角が、そこに入れられているのだ。




258 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/05(火) 15:21:32.42 ID:If8yR7nc0
(*゚ー゚)「魔物の角は、魔力の根源みたいなものよ。
     それを体内に入れることによって、魔力で操ることができるの」

(*゚∀゚)「す、すっげー!!サキュバスすっげー!」

つーが、その角をつんつんとつつくと、
ヒートはそれに合わせて「ひゃん」と鳴いた。

(*゚ー゚)「もうちょっと、押し込んどかないとな」

と、その角に触れる。
ヒートは顔を真っ赤にして、小刻みに震えていた。



帰宅するのに、弟者とロマネスクは二人を待っていたが、
あまりの光景に、ロマネスクは途中で顔を逸らしていた。

(´<_` )「いやー、えろいな」

(;ФωФ)「しかし、こういうことは屋外でやらないでほしいのである」




260 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/05(火) 15:30:52.79 ID:If8yR7nc0
(*゚∀゚)「たっだいまー」

川  川「おかえりなさい」

(*゚∀゚)「魔王の調子はどうだ?」

川  川「相変わらずね」

飛び跳ねて、つーはベッドにダイブする。
細く喘いでいた魔王が、蛙の潰れたような悲鳴を上げた。

ノハ;゚听)「ま、魔王!?こ、こいつがですか!?」

ヒートが身を乗り出すと、ロマネスクがそれを制した。
いくらサキュバスのしもべとなったとしても、人間ということには変わりない。

( ФωФ)「うむ。そうなのである、先日そなたの集落で襲撃を受けてから、このように」

ノパ听)「ああ、矢に毒が塗ってあるから」

(*゚ー゚)「毒使ってるってことは、それ専用の解毒剤もあるのよね?」

ノパ听)「勿論です」

今出しましょう。とポケットを探った。
勿論、すぐにそれはみつかった。

しかし、ヒートはすぐに差し出すことができなかった。




262 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/05(火) 15:37:17.53 ID:If8yR7nc0
これを出さなければ、魔王は毒で死ぬかもしれないのだ。
人類の元凶となる魔王を救うためのものなど、魔物に渡して良いのだろうか。

(*゚ー゚)「ヒート、どうしたの?」

ノハ;゚听)(くっ……)

しかし、体はそれを差し出そうとする。
それにヒートは抗う。

ふるふると震えているヒートを不審に思って、
しぃは彼女の股間を、するっと撫でた。

ノハ///)「ひゃあああっ!」

角を通して、魔力がそこを刺激する。
思わずヒートはしりもちをつく。
その衝撃で、ポケットから手が飛び出した。



その腕から解毒剤を奪うと、しぃは溜息をつく。

(*゚ー゚)「後でちゃんと調教しとかないとだなー」




266 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/05(火) 15:44:09.88 ID:If8yR7nc0
(´<_` )「で、これは飲ませるので良いのか?」

ノハ///)「は、はい……」

しぃから受け取った解毒剤を、弟者は兄者の口に当てる。
ゆっくり流し込んだつもりだったが、
兄者は大きくむせて吐き出した。


(´<_`; )「うーん……」

(*゚ー゚)「そういう時はー、口移しで飲ませれば良いのよ」

(´<_` )「誰が?」


弟者が問うと、全員が視線を逸らした。
しかたないなぁ、としぃが肩をすくめる。




269 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/05(火) 15:51:42.51 ID:If8yR7nc0
(;゚ー゚)「うえっ、にがい!」

少しだけ口に含んで、兄者の上に馬乗りになった。
そして唇を合わせて液体を流し込もうとしたら、思いっきり舌を噛まれた。

(;゚ー゚)「いたっ!」

(; _ゝ )「は、はひ………はっ……」

(´<_` )「まぁ、苦いからだな」

(#゚ー゚)「な、なによー!
     このサキュバス様がわざわざ苦い思いをしてあげてるのに!」

(#゚ー゚)「むかつくー!」



布団の上から思いっきり揺すると、
つらいのだろう、兄者が死にそうな目で「やめて」と訴えかけた。
それを見て、しぃはニヤリと笑う。




273 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/05(火) 16:01:36.11 ID:If8yR7nc0
(*゚ー゚)「サキュバス式よ!ヒート!魔王を押さえてなさい!」

ノハ;゚听)「は、はい!」

ヒートが兄者の頭上から手を押さえつけると、
しぃは問答無用で布団の中にもぐりこむ。

(lli _ゝ)「はひ、えっ……あっ、ち、ちょっとっ……」

ロマネスクはその先を予想してしまい、
慌てて部屋を飛び出した。

(lli _ゝ)「ま、まって……あ、や、やめ……ひいっ……」

(lli _ゝ)「や、やめ……おねがいだから……たのむ……それだけは……」

(*゚ー゚)「大丈夫大丈夫、苦しいのは最初のうちだけだから」

(lli;_ゝ)「ま、まおうめいれ……」



ぎゃあ、と小さく、かすれた叫び声がした。
それを見て弟者は再び溜息をつく。

(´<_`; )「こんな弱い魔王で本当に世界征服できるのか?」

それはまだ誰にもわからない。






→次へ   →戻る